全ての父兄コーチを応援します。

対戦相手がインフルエンザ急増で公式戦が延期に!ただし後審判はそのまま試合会場に。

2021/02/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。

温度計, 温度, 発熱, インフルエンザ, 医療, 冷, 健康, 病気, 医学, 冬, 病気の, 薬, ホット

対戦相手がインフルエンザ急増で公式戦が延期に!ただし後審判はそのまま試合会場に。

 

どうも、けんじんです。今日は少年野球チームの今年初の公式戦予定の日でした。春の大会のトーナメントの

一回戦です。

寒波が訪れていて今は一年で一番寒い時期になっています。

しかし、対戦相手チームがインフルエンザ多数の為、延期になりました。

学校でもインフルエンザが確かに流行っていて、学級閉鎖になっている学校が弊少年野球チームでもあります。

体調管理には気を付けないといけないと改めて感じた今日この頃。

少年野球に入ってから相手チームがインフルエンザで試合延期になるという事が初めてでしたが、大会自体もトーナメントでしたので、

練習期間が増えるのはよかったと思います。あとは土曜日の試合だったので、土曜日は仕事で来れない親御さんが多いのでで、

次は日曜に決まれば親御さんの為にもなりますしね。試合自体がなくなったので昼からの練習だけになりましたが、

少年野球にはこういう事例もあるということを書いていきます。

試合は延期になったけど、審判二名だけ予定通り試合会場に行かないといけないとの事

子どもたちや親御さんの事を考えると、延期になったのはよかったのですが、元々後審判ニ名を予定していたので後審判ニ名は

予定通り試合会場に行って審判をしないといけないとの連絡でした。

後審判、前審判とは:後審判は自チームの試合が終わった後に自チームから二名を他チームの審判を行う事。通常、勝ったチームが球審と二塁塁審の縦審判。負けたチームが一、三塁の横審判を行います。前審判は自チームの前に審判を行う事。

前審判の場合は話し合いで縦審判か横審判かを取り決めます。

個人的な考えですが一試合がなくなるので、そのままずれるだけなので審判もスライドでなんとかならなかったのかなとは思います。

たまたま連絡網が来たタイミングで話をしていた方が他チームで少年野球の指導者を昔やられていた方だったのですが、

特に珍しい事ではないそうです。

今の時期では珍しくない車を所有されていない家庭

指導者としてチームに参加されている以上、仕方がない事かもしれませんが

今は車を所有しない家庭は全く珍しくありません。

チームでも車を所有されている方は限られていますので、

「少年野球で毎年起こる配車問題」等もあります。

そして、今回も審判を予定していた二名も車を持っているが免許を持たれていない方と免許は持っているが車を持っていない方の二名です。

なので、電車で行く方法が優先されますが、少し不便な場所で電車とバスを使って二時間かかります。

そういった面も含めて審判に行かれる二名には申し訳ないという気持ちになりました。

こういった問題は今後の課題の一つになるでしょう。

少年野球に関わるなら審判という問題は切っても切り離されない問題です。

ですが、全ての人が気持ちよく野球に関われるように大会運営や少年野球チームの方の多くの方が他人事ではなく、自分事のように考えないといけないと

今回の件で改めて思いました。

そもそも寒波がきているこの時期に試合を行うべきなのかという事も含めて大事な事だと思います。

もっと、いろんな方の話を聞いて僕も視野を広げていきます。

 

最後まで読んでいただき、有難うございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。
Flickr の写真 Googleアドセンス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元高校球児ニーパパの少年野球ブログ , 2020 All Rights Reserved.