全ての父兄コーチを応援します。

少年野球の指導者必見!意外と知らない振り逃げのルールについて

 
この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。

ヒット, キャッチャー, 野球, ホーム プレート, 野球の試合, チーム, 野球のバット, 大学

こんばんわ。

けんじんです。

今日は少年野球では必ず一試合に一つ以上はあるであろう「振り逃げ」のルールについて

解説していきたいと思います。

いきなりですが、あなたは振り逃げのルールを完璧に把握していますか?

2ストライクからピッチャーが投げたボールをバッターが空振りし、キャッチャーが落としたり、

逸らした場合はバッターランナーが一塁まで走りますよね。

これが基本的な振り逃げのルールです。

僕も少年野球の指導者になって勉強するまでは単純なルールまでしか知りませんでした。

まずは振り逃げの定義から

癌, 新聞, ワード, 拡大鏡, 虫眼鏡, ルーペ, 読書, ズーム, 病気, 健康, 医学, 定義

では振り逃げの定義とはどういったものか明記していきます。

打者はストライクを3回宣告されると三振になり、少なくとも捕手が捕球していればアウトになる。

しかし、一塁に走者がいない、もしくは二死の状況で、第3ストライクにあたる投球を捕手が正規に捕球

できなかった場合には、打者は一塁への進塁を試みることができる。このとき打者をアウトにするには、

打者が一塁に到達する前に打者または一塁に触球しなければならない(公認野球規則6・05(j))。

打者がアウトにならずに一塁に到達すると、走者として一塁を占有することができる(公認野球規則6・09(b))。

このプレイを日本では一般に振り逃げという俗称で呼んでいる。英語においては

Uncaught third strike,もしくはDropped third strikeと呼ばれる(いずれも「捕球されなかった

第3ストライク」の意)。

引用:wikipedia

つまり、バッターはツーストライク目から空振りや見逃しなどでストライクを宣告されると

バッターアウトになるが、その第3ストライク目を正規にキャッチャー捕球できなければバッターは1塁へ

進塁してもいいよということになります。

バッターは三振してもキャッチャーが落球したり、後逸したり、ピッチャーの投げた球が地面に着いてから

キャッチャーが捕球した場合には正規の捕球にならないので「振り逃げ」出来る状況になります。

 

そして、この「振り逃げ」という呼び方はルールブックに記載はありません。

日本でも俗称・呼称になります。

振り逃げのバッターランナーをアウトにするには

バッターランナーが1塁に到達するより早く一塁に触球しなければいけません。

もしくは、一塁に到達する以前にバッターに触球(タッグ)してもアウトになります。

振り逃げが発生したら、直ちにアウトを取りにいくべきでしょう。

ただし振り逃げが発生するためには条件があります。

野球における『振り逃げ』が発生する条件

野球, 野球のバット, ヒット, ブラック, シルエット, スポーツ, 男, ヤンキース

この『振り逃げ』が発生する条件というのが間違えやすいです。

指導者の方でも意外と知らない人は多いです。

少年野球において、子供達は瞬間的に三振したと思って諦めてベンチに帰ろうとする子が特に多いです。

振り逃げの判断は瞬間的には子供には難しいので、この場面に遭遇したら監督・コーチの指導者が

指示を出してあげた方がいいです。

アウトカウント

2アウトの場面では、無条件で「振り逃げ」の状況が発生します。

しかし、ノーアウト・1アウトの場面では、ランナーがどこにいるかによって「振り逃げ」の

発生条件が変わってきます。

ランナーがいる場面

一塁にランナーがいる場面では、『振り逃げ』の発生条件にはなりません。

しかし、上で述べた通り、2アウトの場面では『振り逃げ』はできます。

また

  • ランナー二塁
  • ランナー三塁
  • ランナー二・三塁

この場面ならアウトカウントに関係なく『振り逃げ』できます。

つまり、一塁にランナーがいるかどうかでまず判断ができます。

一塁にランナーがいなければ、どのような状況でも『振り逃げ」することができます。

ただし、一塁にランナーがいる場面でも振り逃げができる場面があります。

それは、先ほどのアウトカウントの部分で述べているように、2アウトの場面です。

2アウト満塁の場面では、ランナーが満塁ということで、一塁にもランナーがいますが2アウトなので、

当然バッターが降り逃げをすることができます。

しかし、この場面では一塁にボールを投げなくても、ホームへ触球することでアウトを取る事ができるので、

慌てずに三塁ランナーをアウトにする方に切り替えたほうがいいでしょう。

空振りではなく、見逃した場合も『振り逃げ』できる

シルエット, スポーツ, 野球, 分離, 男, 1 つ, 再生, スタジオ, 人, 打者, 選手, 練習

野球規則には「第3ストライクを宣告」とあり、空振りだけでなく見逃しでもストライクになります。

そして、その第3ストライク目をキャッチャーが正規に捕球できなければ『振り逃げ』が発生します。

見逃し三振で『振り逃げ』がほぼない理由はキャッチャーが捕球できている場合が多いからですね。

しかし、少年野球ではストライクゾーンを見逃してもキャッチャーが捕球できずに見逃しストライクで

三振の場面は多くあります。

そして、捕手がストライクゾーンをかすめてワンバウンドで捕球したり、ボールをはじいた場合はこれに

当たるのでバッターは『振り逃げ』で一塁に進塁を試みてもいいことになります。

試合において振り逃げを躊躇してしまいそうになる場面

野球, リトル ・ リーグ, 投手, ピッチャーズマウンド, コーチ, 会議, 子供, ゲーム, 少年

2ストライクから、ピッチャーが投げた球が地面に触れてキャッチャーが捕球するときに、

バッターがハーフスイングを行っていた場面はどうでしょうか・・。

バッターからしたら、バットを止めてスイングしていないという気持ちがあります。

ですが、キャッチャーをはじめ、守備陣はスイングしたので三振と球審にアピールするでしょう。

少年野球の場合はベンチから監督やコーチがアピールしているかもしれませんね。

そして、ハーフスイングをアピールされた球審はスイングの是非を塁審に確認し、

塁審がスイングをジェスチャーしたとします。

そして、主審がストライクを宣告しました。

このような場面になったら、どうすればいいのでしょうか?

ストライクを宣告されてからバッターランナーは一塁に走った方がいいのか、

バッター本人はバットを止めたと思っているが、まずはさっさと一塁に走った方がいいのでしょうか。

めちゃくちゃ難しいですね。

高校野球で実際に起こった『振り逃げ』の珍しい場面

高校野球でも、振り逃げできる場面を勘違いしている監督や選手が大勢います。

そして、その勘違いから振り逃げにより3点とられた動画です。

しかも、高校野球名門校です。

現在、プロ野球で活躍している筒香選手(横浜DeNA)と菅野選手(巨人)の試合ですね。

筒香選手の著書でも書かれていました。

まとめ

いかがでしたか?

振り逃げが発生する条件として、

  • ランナーが一塁にいない場合。
  • ツーアウトの場合なら無条件で発生

と覚えておけばいいですね。

また、バットを振る・振らないは関係なく、ストライク三つ目でキャッチャーがきちんと捕球できなかったり、

ワンバウンドして捕球した場合『振り逃げ』できると覚えておけばいいでしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。
Flickr の写真 Googleアドセンス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元高校球児ニーパパの少年野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.