全ての父兄コーチを応援します。

少年野球の野球ノートを書く必要性について・・

 
この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。

こんばんわ。けんじんです。

今日は少年野球の野球ノートを書く必要性について記事にしていきます。

あなたの子供は野球ノートを書いていますか?

少年野球をしている子供達は野球ノートをどれぐらいの割合で書いているのでしょうか?

僕の息子も、もうすぐ二年生ですが、最近ノートを書き始めたばかりです。

僕自身はまだ書かすつもりはなかったですが、野球教室の先生が野球ノートをつけるように

教えてくれたので、息子にも野球ノートをつけるように促しました。

野球教室自体も今月から行かせたばかりですが、先生自体も前から知っている人で

すごく丁寧に教えてもらっています。

低学年の子でも野球ノートをつけていない子より、つけている子の方が理解力や上達は絶対に早いです。

なによりモチベーションにつながるんです。

一日の24時間の内で野球の事を考えている時間をどれだけ増やすかが成長には大切なことです。

あなたの息子も野球ノートをつけていないならば今すぐノートを買いに行って、野球ノートを

つけるようにうながしましょう。

ただつけていないからと言って何も恥ずかしがったり、悔いることはありませんよ。

僕自身も少年野球をやっていましたが、野球ノートはつけていませんでした。

むしろ、現役時代は一度も野球ノートを書いたことがありません。

今になって考えると絶対に野球ノートとして記録や記憶を書いた方がよかったなと感じています。

ブログのようにノートとして書いていたことがあなた達の資産として永久に残るし、

記憶の整理にもなり、頭の中で反復練習ができます。

監督や父兄コーチにノートを提出すれば、それをフィードバックしてもらい、さらにモチベーションアップや

効率的な練習に繋がります。

なので、今から少年野球を始めるお子さんはノートを書ける年齢であれば、野球ノートを書いてもらいう

ようにしましょう。

どうやって野球ノートを書けばいいのか・・

大人, 日記, 仕訳帳, ノートブック, 本, ドキュメント, 知識, 男

「でもどうやって、子供に野球ノートを書かせていいのかわからないよ。」

そう思われるのは当たり前です。

父兄の保護者の人は自分の現役のときにそういった部活動のノートをつけていない人がほとんどだと思います。

まずは父兄の方が自分でノートをつけるのが一番いいです。

あなた自身がノートを書いて、理解しないと子供にも書き方を教えられませんし、子供も楽しんで

できるようになりません。

では、具体的にどういった事を書いていけばいいのかを明記していきますね。

チーム全体の目標・選手個人の目標を書く

ノート, 空, 紙, デザイナー, テーブル, 本, オープン, 参照, ページ

少年野球のゴール(集大成)は6年生です。一番大事なのは6年生の大会の成績や卒団大会で

どういう風に終わりたいかです。

全てはゴールを設定して、そこから逆算して目標を設定するのですが、さすがに低学年のCチームや

Dチームの子供たちtに6年生の目標を設定させるのは少しイメージさせずらいので、一年後の目標を

決めてもらいましょう。

  • 一年後に自分がどうなっていたいか
  • 今年一年でチームとしてどうしたいか
  • チームの成績の目標は?
  • 個人の成績の目標は?

野球はチームスポーツです。

個人の成績も大事ですが、チームの戦績も大事です。なので必ず両方の目標を掲げましょう。

仮に「甲子園に出場して優勝する」や「プロ野球にドラフト一位で入団する」「メジャーに行く」

等の将来の夢がある子供には是非、書いてもらってください。

一番いいのはそういった将来の夢(10~15年後)を設定して、そこから逆算して一年後は

どうなっていないといけないのか、そのためには三か月後は?

今日は何をしないといけないのか?

細分化して、今すべきことを明確にしましょう。

少年野球の日々の練習や試合を記録しましょう。

次は単純な事ですが、日々の練習や試合を覚えている限り鮮明に書きましょう。

試合の記録はスコアラーの方がつけているチームがほとんどですが、後でお願いしない限り、スコアラーの方か

監督が保管しているので記録は振り返れません。

個人の野球ノートには自分の記録をつけましょう。

そして、試合では以下のことは絶対に書くようにしましょう。

  1. 試合相手(日付)
  2. 成績
  3. 今日の良かったこと
  4. 今日の悪かったこと
  5. 次回、取り組みたい事

最低この四つさえ記入しておけば、後で振り返れますし、次の試合に活かせます。

成長の過程がわかるのも野球ノートのいいところですね。

平日の練習の記録を野球ノートにつけましょう

ある種、野球ノートのメインとなる役割ですが、自主練習の管理を野球ノートでつけてください。

素振りを何回したか、ダッシュを何本走ったか、キャッチボール、壁当て、ラダー等

色んな自主練習をされているお子さんがいます。

そのような記録を野球ノートでつけるようにしてください。

最後に

色々書きましたが、野球ノートは決して強制ではありません。

僕の所属しているチームは上級生はほぼ書いていますが、書かない子も多いです。

振り返りや今後の事を考えると書いた方がいいのは事実です。

あなたもお子さんも楽しみながら野球ノートに少年野球を記録してください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。
Flickr の写真 Googleアドセンス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元高校球児ニーパパの少年野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.