全ての父兄コーチを応援します。

筒香嘉智が語った、少年野球における「母親の問題」と「お茶当番」②

 
この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。

こんにちわ。けんじんです。

今回も引き続き筒香選手の会見についてシェアしていきます。

前回、筒香選手は昨今の少年野球の体制や指導者の姿勢についてを語られました。

筒香選手の事を知れば知るほど彼の人間の魅力に惹かれ、ファンになっている自分がいます。

プロ野球界だけでなく、少年野球の事も考えられている点と、積極的に発信されているという事が

素晴らしい行動力だと思います。

以下で会見の内容を抜粋して僕なりの意見を述べさせていただきます。

野球人口が減っていく中で・・

筒香選手は自分の事だけでなく、未来の野球界、そして野球に対しての恩返しなのか、子供のことも

考えられております。

野球人口が減っていく中で、野球復旧をしようという声が全国で増えていますが、野球を通じて今後の人生に生かさなければ、子供たちのためにもならないですし、

野球をやる意味がないと思います。

野球界も勝利至上主義ではなく、スポーツマンの本当の意味を理解して、野球の価値、

スポーツの価値を皆が高めていく、そういう行動が、必要なんじゃないかなと

思っています。

今の指導者の方、全員ではないですが、今の指導者の方を見ていると、

子供たちに答えを与えすぎる、子供たちが自分で考えて

行動する力がつかないように思います。

プロ野球選手になりたい子供たち、野球が好きで今、野球をしている子供たち、

色んな考えの子供がいると思いますけども、先を読んで行動する。

自分で考えて行動するというのは、野球をやっていなくても、

野球をやっていても必ず必要になってくると思います。

将来の子供たちの事を考えると、答えを与えすぎる。

何でもかんでもすぐ答えを言うというのは子供たちのためになっていないと思います。

あと野球界で言いますと、やはりトーナメント制いうのが一つの弊害になっていると思います。

体が出来上がった大人でもリーグ戦でやっています。

それが体のできていない子供たちたトーナメント制をしています。

皆さん、よかれと思ってのことですが、全国で対外数がかなりの数が増えています。

トーナメント制でやると、試合が勝つにつれて試合がかなり増えてきて日程的にも

休みがなくなっています。

メンバーは固まってしまい、勝つために試合にでれない子供がでてき、

野球が楽しくない子供たちもいます。

やはり野球は楽しむことが第一ですよね。

勝利至上主義によるメンバー固定で故障者がでてしまうという現状・・

先ほども言いましたが、連投による投手の肘、肩の故障が増えています。

U-22、侍ジャパンの代表メンバー15人の内、10人が肘をけがしているという

データが出ています。

僕自身もウインターリーグ、ウインターリーグ以外でも訪れたドミニカでは

違う結果でした。

僕自身、ドミニカに訪れて感じたのは指導者が子供に答えを与えすぎない、

子供に無理をさせない指導でした。

もちろんドミニカが日本の素晴らしいところを学ばないといけないところもありますが、

日本も他国の素晴らしいところを学ばなければ変われないと思います。

子供たちを、将来ある子供たちを守るには一発勝負のトーナメントを辞め、

リーグ制を増やしたり、球数制限を導入する等、練習時間を決めるなどをする必要があると

思っています。

指導者の方はうまくなってほしいと思ってやっていることですが、子供たちを見守る、

いい距離感で子供たちを指導する、長時間練習する、罵声、暴力をなくす。

指導者の頭の中が常にアップデートされ、時代に合った指導をするべきだと思っています。

僕が現役時代にやっていた方法とは真逆の理論が現代では当たり前になっていたりするので、アップデートという意味では本当にその通りだと感じています。

ルールも毎年変わっていますし。

高校野球でも感じること

 

高校野球は教育の場とよく言われていますが、高校球児が甲子園でやっていることは

部活動です。

子供たちの将来の事を考えたときに、昨年も色んな球数問題が出ていましたが、

本当に子供たちのためになっているのかというのが疑問にあります。

もちろん球数制限をすれば、野球が面白くなくなる、耐久作戦をするなど、色んな声もありますが、

大事なのはこどもたち、将来のために今を過ごしているというのがありますので、

大人が中心になるのではなくて子供たちの将来を考えてあげるのが大事だと思います。

いろんなパワハラ問題であったり、指導者と選手の問題がでていますが、 僕自身、

野球界、スポーツ界が本当によくなるためにいろいろな発信を今後ともしていきたいと思いますので、

皆さんの協力も必要不可欠ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

少年野球は指導者が主役ではなく、子供が主役なのに指導者が子供の邪魔をしてしまっている部分は確かに

あると思います。

子供に野球を楽しませられているのか、今一度、指導者は考えるべきです。

僕も改めて考えました。

筒香選手は彼自身少年野球チームに入っていながら、バレーやバスケなどの他のスポーツも

チーム内でやらせてもらえ、体の貯金をつくれたそうです。

少年野球では冬の練習ではサッカーをしたり、アメフトをしたり、他のスポーツで体を

温めることはしますが、冬以外は皆無です。

肩は消耗品なので、子供の将来の事を考えたら、ピッチャー以外も投げすぎるのも問題なのかと思います。

実際に僕も中学時代や高校時代に肩や腰を痛めたこともあります。

熱心であればあるほど・・

少年野球の指導者の中では熱心であればあるほど問題を起こしてしまっているという点は確かにあります。

昔は暴力などもよかったかもしれませんが、今は当然、時代も変わっています。

スポ根(巨人の星など)の時代はとっくに終わっています。

指導者は自分が経験した事だけを伝えると、進化している現代において間違ったこと、

時代遅れになっていることを教えている可能性があります。

45歳が現役時代にやっていたことを少年野球の子供に教えたとしたら何十年も前のことになってしまいます。

指導者は昔の杵柄に甘えず、常にアップデートしていかないといけません。

父兄の大変さ・・

やかん, 沸騰, 書き込み, お茶ポット, 調理する, 料理, 火, 炎, 食品, 熱, ホット, 鉄

父兄、保護者の方は夏の暑い日や冬の寒い日も外で見ていないといけなかったり、お茶当番の大変さや

おにぎりを作る大変さなどもあります。

また、練習の見学を行ったときにコーチが怖すぎて入部をやめたり、練習時間が長すぎて親御さんが

家の用事が何もできない、家族でお出かけにもいけない、子供の勉強時間も確保できないなどもあります。

堺ビッグボーイズさんはお茶当番の強制をなくしているそうです。

そういった取り組みの甲斐もあり、

堺ビッグボーイズさんは年々、入部希望者が増え、現在70人以上在籍されているそうです。

筒香選手は選手の立場からこうして、問題提起されたのは本当に素晴らしいと思います。

確かにメジャーやWBCでは大人が球数制限で守られているのに、体ができていない子供が球数を制限しないのは

おかしいですよね。

僕が所属している少年野球の連盟は球数制限がありますが、球数制限がないチームもあります。

最後に

筒香選手の会見の中で、少年野球のメイン問題がたくさんでてきました。

「父兄の大変さ」「指導者問題」「勝利至上主義」「練習時間長すぎ問題」・・

今後、こういった点も僕自身の立場から経験した点なども記事にしていきたいと思います。

これからも筒香選手は追いかけていきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。
Flickr の写真 Googleアドセンス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元高校球児ニーパパの少年野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.