全ての父兄コーチを応援します。

少年野球において上手い子が内野で下手な子が外野をするのか?

2021/02/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。

少年野球において上手い子が内野で下手な子が外野をするのか?

どうも、けんじんです。

今日は少年野球のポジションにおける疑問点について内容を書いていきます。

少年野球でのポジションをきめるのは上手い子が内野で下手な子が外野を守るのがセオリーなのか。

またポジションは固定するべきか否かという点です。

チームの監督によって考え方は違うかもしれませんが、どのチームでも想定される問題なので是非、あなたの

チームに置き換えて考えてください。

チームのポジションはどう決めていますか?

 

あなたの少年野球チームはどうでしょうか?

チームのポジションはどのように決めているのでしょうか・

上手い子がピッチャーとキャッチャーをして、次に上手い子がショート、サード、セカンドやファーストという風に

内野から順番に上手い子が埋まっていっていませんか?

少年野球チームのチームがもしかしたらほとんどそういった決め方をしているかもしれません。

基本的にバッテリーがしっかりしていれば試合は作れますし、内野に飛んでくる数が多いのは事実です。

守備位置にはそれぞれの特性があり、向き不向きがある。

本当にそんな単純な決め方でいいのでしょうか。

野球にはポジションによって特性があり、各ポジションによって求められている事が変わります。

例えば、

サード・・ファーストから離れており、肩が強い選手。強い打球が来ても止められる。

ショート・・守備範囲が広く、センターラインになる為、周りが見れる選手。

セカンド・・ファーストから近いため、肩の強さは必要ないが、ショートと同じセンターラインになるので守備範囲は広い。

キャッチャー・・ボールをしっかり止められる選手。グラウンドの監督と言われるぐらい周りを見て、ナインを引っ張っていくポジション。

ライト・・ライトゴロでアウトにするのを求められるので捕球と送球ができることが求められる。

センター・・ライトとレフトの守備位置を指示し、守備範囲の広さが求められる。

レフト・・外野でも飛んでくることが多いのでしっかりと捕球できる選手。

ファースト・・ショートバウンドをしっかりと止めて肩の強さもあれば尚よいポジション

このように上手さだけでなく、しっかりとした適性を見て決める必要はあると思います。

そもそも少年野球でポジションは固定するべきなのか・・

ポジションの決め方は様々な考え方がありますが、そもそも少年野球でポジションを固定する必要があるのかという事ですよね。

私自身はポジションを固定する事には反対です。

子どもたちには少年野球の段階では全ポジションを理解して守れるようになって頂きたいです。

少年野球で一つのポジションを極めたからといって、中学や高校でそのポジションを守らせてもらえない事は往々にして

考えられます。

むしろ少年野球のうちに色んなポジションを経験してカバーリングやバックアップの方法を理解しておけば、どのポジションの動きを

把握できるので確実に強みになります。

結局は自分自身との闘いになるのでライバルは自分

少年野球での人数の多いチームでは背番号争いやポジション争いが激しいチームがもちろんあります。

しかい、ライバルを持つことも大事ですが、結局は自分自身がやるべきことをきちんとしておけば結果は

必ずついてきます。

ライバルは自分自身です。

  • 素振りを必ずやる
  • ブリッジをする
  • 野球ノートをつける
  • シャドーピッチングをする
  • 守備練習をする
  • 縄跳びをして足を鍛える

等の自分の目標を決めて実行していればおのずと結果はついてきます。

正しい努力をコツコツと続けていれば三カ月後の自分の助けになります。

誰かにポジションをとられたからといってもそのポジションの方が偉いわけではありません。

野球の9つのポジションは全てが大事です。

もちろん、ランナーコーチやベンチにいる選手も絶対に必要な役割ですし、縁の下の力持ちを率先して

している選手はそれだけでチームに貢献しています。

まとめ

中学や高校の野球に関しては別かもしれませんが、少年野球では野球のスタート地点です。

子どもが怪我をしないためにも色んなポジションを守らせてあげるべきだし、

守ってもらいたいと思います。

全てのポジション全てが大切なポジションです。

あなたも好きなポジションがあると思います。

しかし、内野の子は外野の子がいるから内野を守れている。

外野も内野の子がいるから内野を守れている。

全てのポジションの動きを理解して野球に取り組みましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。
Flickr の写真 Googleアドセンス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元高校球児ニーパパの少年野球ブログ , 2020 All Rights Reserved.