全ての父兄コーチを応援します。

ランナーに出た時のリードと走塁における大事な点

2021/02/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。

こんにちわ。けんじんです。

今日は試合でランナーに出た時のリードや走塁について記事にしていきたいと思います。

せっかくランナーで出ても大きすぎるリードをとってアウトになってしまっては意味がありません。

また、少年野球ではランナーに出たら積極的に盗塁をして次の塁を狙わなければいけません。

小さいリードしかできなくて、スタートを切っても二塁でアウトになってしまいます。

実は先日の試合で、そのような事が起こり、記事にしようと思いました。

一年生がリードをとりすぎて牽制でアウトになってしまったのです。

もちろんあまり走塁練習自体をしていなかったので、試合の時は誰もアウトになった選手を

叱ったりはしませんでした。ベンチでコーチがリードの仕方を教えてくれていましたが。

次の日は走塁やリードの仕方を全員に教えて、徹底的に練習しました。

少年野球は走塁の面が試合に大きく左右する点があると僕は思います。

野球自体は点取りゲームです。相手より1点でも多く点を取ったチームが勝ちです。

ランナーにでたら確実に進塁できるように、アウトにならないように次の塁を狙わなければなりません。

さく越えホームランがほとんどない、少年野球はヒットでも四球でも塁にでたら絶対に三塁までは

進んでほしいと監督やコーチは多いです。

ただ最近の少年野球は送りバントやスクイズ、ツーランスクイズ等のバントでランナーを

進めるケースが多いですね。

少年野球のコーチを始めてからバントの多さにびっくりしました。

自分の現役時代は(小、中)そんなにバントは少なかったので。

高校時代は多かったですが。

リードの取り方と次の塁の狙い方

それでは塁にでたときのリードの取り方を書いていきます。

まず、塁についた時にベンチの監督を見ます。

監督からサインが出るからです。

この時に手を挙げて僕は監督を見ていることをきちんとアピールします。

監督がサインを出し終わったら帽子のつばをさわってサインを理解しましたとベンチに教えてあげます。

そこからランナーはセーフティーリードを取ります。

セーフティーリードとは寝転がって手を伸ばしてベースに着く範囲です。

ピッチャーがプレートをはずしている段階ですぐ投げてきても絶対にセーフになる安全な距離です。

倒れるだけでセーフになるというのがセーフティーリードです。

そしてピッチャーがプレートに足をかけてセットポジションに入る段階で約二歩~三歩進み、

最高距離リードに達します。

どちらかというと戻ることを意識しながら大きめのリードをとります。

牽制されたら二、三歩助走して頭から帰ります。

手は突き指しないように手のひらを立ててベースにつくようにしてください。

盗塁のスタートの切り方

次は盗塁のスタートです。

あくまでも大きいリードをとっているので、若干戻る事の意識強めでの盗塁です。

ちなみに元阪神の盗塁王、赤星さんもかなり大きめのリードをとって、戻る気持ち強めでスタートを切るそうです。

それでも集中していればいい反応でスタートを切れます。

ここでスタートのコツです。

ピッチャーが左足を上げたときは絶対にキャッチャーに投げないといけないのでスタートを切ります。

そして意外と少年野球のほとんどの選手ができていないことが以下です。

スタートを切ったときにキャッチャーに到達しそうな時点で一度ちらっとボールの行方を見てください。

・キャッチャーが落としたり、そらしていないか。

・バッターが振ってしまって、ファールになっていないか。

・デッドボールになっていないか。

一目散に二塁に向かったまま、ファールになったことに気づかず走り切って疲れてしまっている子供を

たまに見ます。

また、キャッチャーが逸らした場合、スライディングの必要はありません。

むしろ少しオーバーランして次の塁を狙うぐらいでいいです。

なのでボールがキャッチャーに到達する段階で一度見る必要があるんです。

ランナー二塁のリード

次はランナー二塁のリードです。

この時は基本的にショートが牽制に入る場合がほとんどなのでショートの位置を気にしてください。

ランナーコーチはショートの位置をランナーに伝えないといけません。

「ショート後ろー」

「ショート近い」

離れた場合、「ショート開いたー」

ランナー二、三塁で内野が前進守備をしている場合はショートの後ろまでリードをとってください。

このときはセンターが時々、二塁に入ってくるトリックプレーをするときがあるのでセンターの位置も

気にしてください。

ランナー三塁でのリード

ランナー三塁では次のホームに帰ったら1点です。

ここでは危険な距離のリードをいりません。

ピッチャーが投げたくなるようなリードはとらないでください。

第二リードで大きくでれば十分です。

ただし、少年野球はキャッチャーの後逸やワイルドピッチが多いので、第二リードでホームを

狙う気持ちは常に持ってください。

また、どの場所でランナーにいたとしても自分より左方向に打球が飛べば進塁打なので次の塁を

狙ってください。

最後に

実際に練習で自分のリードを覚えてギリギリの距離をわかってください。

この距離なら牽制でアウトになる、この距離ならまだまだセーフになる。

練習はアウトになっても自分の距離を覚えることが大事です。

そして、試合ではどんどん次の塁を狙ってください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
kenjin
少年野球のコーチをしております。よろしくお願いいたします。
Flickr の写真 Googleアドセンス

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 元高校球児ニーパパの少年野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.